メインの内容へ進む

ご依頼の流れ

01

ご相談

無料で受け付けております。

既に土地があり住まいを検討されている方、土地選びで迷っておられる方、

既存建物があってどこに相談していいかわからない方など、ご気軽にお問合せください。


※皆さま自身がやらなければならないことをお伝えさせていただきます。

 例)敷地準備、資金調達(ご予算)、家族内でのご要望の整理、既存建物書類の有無など

02

ご提案

有料でご提案を致します。

敷地の制限などを調査し、プラン付けしていきます。おおよその予算配分と日程も整理していきます。

骨格を決める段階であり、規模と仕様設定のバランスがポイントとなります。

ご納得し、気に入っていただけたら設計監理契約へと進めさせていただきます。


※ご提案のプランは、確認申請図、実施設計図ではありませんのでご注意ください。

※既存建物や接道状況によって、敷地自体の整理(解体や払下げ、その他の手続き)が必要となった場合には、

 別の調査業務等になりますので、あらかじめご了承ください。

03

実施設計

設計監理契約をいただき、詳細設計をします。

ご提案時のプランを再確認・調整し、内外装仕上げ、建具・造作家具、住宅設備、コンセント・照明など

を決めていきます。

詳細の話をすればするほど、欲しいものやあこがれるものがたくさん出てきて、楽しい期間でもあります。

打合せの結果は、実施設計図としてまとめていきます。


※ご提案段階でナビゲートをしますが、規模と仕様設定のバランスを間違えると、予算を大幅に超過して

 しまうことがありますのでご注意ください。

04

業者選定

見積依頼・業者選定・工事発注いただきます。

実施設計図に加え、見積要項書等をもって、施工業者に見積もり・工程表の提示を依頼していきます。

提示内容、金額の精査を行なった後、ご予算と照らし合わしながら、設定した仕様や作り方等を見直し、

増減調整をおこないます。取捨選択に少し忍耐がいることもありますが、頑張りましょう!

ご納得いただけた施工業者と工事契約(工事発注)していただきます。 


※業者見積もりは、匿名(1社)、競争(複数社)のいずれかで行いますが、一般的な住宅の場合、

 競争でも3社を上限とさせていただいております。

※増減にてプラン変更が無く、設定と予算が大方定まった段階で確認申請等の手続きを進めていきます。

 行政指導によって若干の金額調整が発生する場合があります。

05

工事監理

工事段階での設計者の役割。

見積り調整や行政指導等を反映した設計図書(契約図)として製本しておきます。

この設計図書通りに工事が行われているか否か、定期に現地確認を行うのと併せて、施工業者より提出された

写真や報告書等を確認していきます。特に完成後に隠れてしまう構造部分などは重点的にチェックします。 


※工事段階での仕様変更や追加のご要望の調整も随時おこなっていきます。

06

竣工

完成お引き渡し・アフターケア。

完成検査、取扱い説明の後、お引き渡し(鍵の受け渡し)となります。

新しい暮らしのスタートです!

お引き渡し後も安心して快適に暮らしていただくためのアフターケアを行います。


※一定期間までは施工者による定期点検を実施し、その後も任意となりますが、しっかりサポートいたします。

お気軽にご相談ください

CONTACT