ゆるやかに優しくつながる家

壁式RC構造のリノベーション物件。 撤去できない壁だらけで、今ある空間を大きく変えるのではなく、 どう生かすか、に注力しました。 これまで廊下と居室、という関係性だったスペースを、 廊下部分も含めて、意識的につながるLDKと設定。 各寝室にもLDKからアクセスします。 壊せない壁は、空間をやさしく仕切る暖簾のような存在として、 見え隠れの関係を楽しんでいただければと思います。 インテリアは、コロナ自粛期間も含め、奥様と一緒に じっくり時間をかけながら、 お好みのものをセレクトしていただきました。 優しい雰囲気のインテリアになりました。 (関知加子担当)

ゆるやかに優しくつながる家