メインの内容へ進む

シャビーシックインテリアへの変化を楽しむ

もともとは、築40年の在来木造のいわゆる一般的なメーカー住宅でした。 新築もご検討いただいたのですが、ご両親との同居や予算など、さまざまな条件より、リノベーションでの計画となりました。 新築するなら白くてモダンな住宅で計画したかったが、リノベーションなのであれば、その古さも生かしながら、好みのシャビーシックなインテリアをとことん取り入れたい、というご要望から、壁紙やケーシング、ツマミなどの金物、照明器具(お持ちのもの)、壁パネルデザイン、木天井、塗装色、外構門扉や面格子など、様々なエレメンツをクライアントと一緒に検討していきました。 洗面所の天井塗装色は、冒険してみたところ、やはりやっちゃった感はあるのですが、クライアント曰く、「竜宮城みたくなっちゃたけど、洗面ボウルの色の一部から自分で選んだので、まあ納得してます!」とのこと。 手間をかけて選んでつくっていった、納得感のある家なのかもしれません。

シャビーシックなリノベーション